このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

平成26年度みんなで農業体験・料理教室【第8回】

更新日:2014年9月8日

 平成26年9月6日(土曜)、奈良加工研究会コスモス(奈コス)、埼玉県大里農林振興センターの方々を講師に迎え、「みんなで農業体験・料理教室」第8回が農業活性化センター「アグリメイト」で行われました。

農作業

苗植え・種まき

 今回から、秋まき野菜の栽培をはじめます。今年は、ブロッコリー、白菜、大根、赤かぶ、サニーレタスを11月まで栽培します。
 前回までは参加者全員で様々な野菜を栽培していましたが、今回からは、家族ごとに畝を作り、自分の畝は自分で責任を持って栽培、管理、収穫をしてもらいます。毎年、種のまき方や管理の仕方が違うからか、家族ごとに収穫量に差が出てしまいますが、それも農業体験の醍醐味の一つですね。

 また、埼玉県大里農林振興センターの方に、今回の秋まき野菜の特徴を説明していただいたり、家庭菜園でのお悩みにお答えしていただききました。

ごまの調整

 前回8月23日に刈り取ったごまの調整作業を行いました。

 2週間干しておいたごまは、こんなに茶色になりました。
 莢の先がパックリと開き、中にごまが入っているのが見えます。


 まず、乾燥させた莢の中からごまを集めます。
 莢の先が開いているので、袋の中で逆さにして、軽くたたくだけで莢の中のごまをがどんどん落ちてきます。


 集めたごまは、ふるいにかけて大きなゴミを取り除きます。

 次に、扇風機を用意し、扇風機の風の前に少しずつごまを落とします。ゴミは軽いので風に乗って遠くに、重たいごまの実はそのまま下に落ちることを利用して選別します。
 でも、上手に扇風機の前に落とさないと、うまく選別できません。なかなか地道で難しい作業です。


 選別したごまは、空き箱に平らに広げて干しておきます。

 今回はここまで。続きはまた次回行います。

 刈り取ってから食べるまでには時間がかかりますね。

このページについてのお問合せは

農業振興課(妻沼庁舎)
電話:048-588-9990(直通) ファクス:048-588-1326

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る