このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

いがまんじゅう作り教室

更新日:2019年4月1日

 平成31年3月8日(金曜日)、農業活性化センター「アグリメイト」でJAくまがや女性部を講師に迎え、いがまんじゅう作り教室が開催されました。
 いがまんじゅうとは、県北地域に昔から伝わる和菓子で、炭酸まんじゅうの周りに赤飯をまぶして作ります。その見た目が栗のイガに似ていることから、いがまんじゅうと名付けられたそうです。
 また、昔から祝い事の際に作られてきた縁起物で、現在でも郷土の味として親しまれています。

 材料(卵、砂糖、牛乳、炭酸、ベーキングパウダー)をよく混ぜます。この時によく混ぜておかないと、蒸しあがった時、皮に砂糖のかたまりが残ってしまうそうです。

 そして、小麦粉を加え、生地を20分ねかせます。

 あんこを量って、コロコロと丸めます。

 20分ねかせた生地は、耳たぶほどの柔らかさに仕上がりました。
 生地をちぎって→平らにして→あんこをのせて→包んで→「はい!できあがり!」

 きれいにまんじゅうが並びました。
 その後、せいろで蒸します。

 蒸しあがった赤飯とまんじゅうです。
 湯気がふわふわ立ちのぼるまんじゅうを見て、「わぁ〜ツルツルだね〜!」と大歓声が上がりました。

 蒸しあがったまんじゅうに赤飯をつけます。

 熊谷産の小麦粉を使ったいがまんじゅうが完成しました!!
 「甘じょっぱさともっちりとした食感がやみつきになりそう…!」と参加者のみなさんは頬張っていました。

〜参加者の感想〜

☆もっちり感が良かった!
★自分でも挑戦してみて、我が家の味にしたい!
☆楽しい時間が過ごせた!これからも色々な教室に参加したい!

〜レシピ〜

 「いがまんじゅう」のレシピを掲載します!
 みなさんぜひ、作ってみてくださいね♪

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問合せは

農業振興課(妻沼庁舎)
電話:048-588-9990(直通) ファクス:048-588-1326

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る