このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

生芋こんにゃく作り教室

更新日:2019年1月4日

 平成30年11月30日(金曜日)、農業活性化センター「アグリメイト」で、奈良加工研究会コスモスの方々を講師に迎え、生芋こんにゃく作り教室が開催されました。地元でとれたこんにゃく芋を使ったこんにゃくと、郷土料理の「めしもち」を作りました。

 今日の調理の主役「こんにゃく芋」です。
 こんにゃく芋は、収穫までに4から5年かかるそうです。

 焦げないように、かき混ぜながら煮ます。

 青のりを加え、よくかき混ぜます。
 そして、型に入れ、隙間のないようにならします。
 こんにゃくが完成してから、めしもちを作りました。

 炊き立てのご飯に、卵、小麦粉を加えてよくこねます。

 小判型に形を整えます。

 両面にこげ色がつく程度に焼き、たれをからめたら完成です!

 こんにゃくは、3日目頃が食べごろだそうです。
 ゆがいて、酢醤油で食べるのがオススメです。

参加者の感想

  • こんにゃくは買って食べるものと思っていたが、こんなに簡単にできるなら家でも作ってみたい。
  • 10年前から自己流でこんにゃくを作っているが、基本から学べてよかった。
  • めしもちは、小さい子どもも喜びそうな味。今後、孫にも作ってあげたい。

レシピ

 「生芋こんにゃく」と「めしもち」のレシピを掲載します!
 みなさんもぜひ、作ってみてくださいね♪

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問合せは

農業振興課(妻沼庁舎)
電話:048-588-9990(直通) ファクス:048-588-1326

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る