このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

保存ができるおいしいきゅうりの漬け物

更新日:2008年7月1日

たくさんあったら漬けちゃおう!
今月の料理人は手島の 平野 多美子さん

材料
きゅうり  1キログラム
根生姜(しょうが)   1片
とうがらし 3本
しょうゆ  300ミリリットル
 (塩分控えめの方は200ミリリットルに減らす)
酒     100ミリリットル
酢     100ミリリットル
 (塩分控えめの方は200ミリリットルに増やす)
砂糖    100グラムから120グラム
作り方
@きゅうりを薄い輪切りにし、根生姜は千切り、とうがらしは小口切りにする。
Aなべに、しょうゆ、酒、酢、砂糖を入れて火にかける。
B沸騰したら火を止めて、きゅうり、根生姜、とうがらしを入れて汁が全体になじむようにかき混ぜて冷ます。
C冷めてから、汁と材料を分けて、汁だけ再沸騰させる。
D材料を汁の熱いうちに入れて冷ます。これを3回繰り返して漬け込む。

ポイント!

きゅうりの頭部には、水にも溶けず熱にも強い苦味成分が含まれています。苦味を取り除くには頭部を切り取りましょう。また、生保存する場合は、水気をきポリ袋などに入れ、へたを上に立てた状態で冷蔵庫の野菜室に入れておきましょう。
冷蔵庫に入れれば1か月は保存できて便利です。また、きゅうり以外にも“はやとうり”や他の野菜でアレンジしても楽しいですよ。もちろん、漬け込んだ“汁”も冷奴にかけたりと、覚えておくととっても便利なレシピになりそうですね。

このページについてのお問合せは

農業振興課(妻沼庁舎)
電話:048-588-9990(直通) ファクス:048-588-1326

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

きゅうり

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る