このページの先頭です

ヤマトイモのきんとん

更新日:2010年11月18日

今月の料理人は男沼の飛田公江さん
材料(6人分)      
ヤマトイモ…400g
酢…大さじ1
塩… 少々
砂糖…200g
白いんげんの甘納豆…200g
バニラエッセンス…少々(ヤマトイモのくさみ取り)

作り方
1 ヤマトイモの皮をむき、ぶつ切りにし酢水につけて30分くらいアク抜きする。
21を洗ってぬめりをよく取り、たっぷりの湯で柔らかくなるまで茹で、ザルにあげて熱いうちに裏ごしをする(冷めてからだと裏ごしができないので必ず熱いうちにする)。
32に砂糖と塩少々を入れ充分に混ぜてから火にかけ、焦がさないように練りあげる。最後に甘納豆とバニラエッセンスを加え良く混ぜ合わせて出来上がり。

一言アドバイス

なめらかな舌ざわりが自慢のきんとんです。砂糖を控え、甘納豆の替わりに缶詰めパイン(1cm角×4枚分)を加えて洋菓子風に仕上げてもおいしく召し上がれます。残った生芋は、すりおろして冷凍保存ができます。

このページについてのお問合せは

農業振興課(妻沼庁舎)
電話:048-588-9990(直通) ファクス:048-588-1326

この担当課にメールを送る

本文ここまで