このページの先頭です

県内生産第1位の熊谷産ニンジンを使ったニンジンジャム

更新日:2010年11月18日

今月の料理人は弥藤吾の大山 久美子さん
材料
ニンジン・・・2本
リンゴ(紅玉など)・・・2個
グラニュー糖・・・200g
水・・・大さじ2
作り方
(1)リンゴは4等分にして、皮をむき、芯を取り、3mm幅に切る。
(2)鍋に(1)とグラニュー糖、水を入れて弱火にかけ、透明になるまで煮る。
(3)別の鍋を用意する。ニンジンは皮のすぐ下にβカロテンが多く含まれているので、ブラシで洗ってから皮ごと切り、柔らかくなるまでゆでる。
(4)(1)と(2)をミキサーにかけてピューレ状にする(ミキサーがなければ、裏ごしする)。
(5)(4)を鍋にもどして、焦げ付かないようにヘラでかき混ぜながら、ツヤとトロミが出るまで15~20分中火にかけて出来上がり。

一言アドバイス

ニンジンには老化やガン化に歯止めをかける働きのβカロテンがたっぷり。酢・オイルをプラスしてドレッシングやソースとしても楽しめます。

このページについてのお問合せは

農業振興課(妻沼庁舎)
電話:048-588-9990(直通) ファクス:048-588-1326

この担当課にメールを送る

本文ここまで