このページの先頭です

ブロッコリーの帆立あんかけ

更新日:2010年11月18日

今月の料理人は 船木台の 千島和子さん

■ 材料
ブロッコリー     300g
ホタテ貝柱(缶詰)   1缶(190g)
生姜         1かけ
サラダ油  大1
ごま油   大1
片栗粉   大1
水     大2
塩     少々
コーン   大2
*スープ (中華味) 1カップ    
*醤油    小1       
*塩    小1/2

■作り方
(1)ブロッコリーは小房に分ける。帆立の貝柱は細かくほぐし、缶汁は残しておく。
生姜はみじん切りにする。
(2)フライパンを熱してサラダ油をなじませ、ブロッコリーに油がまわるまで炒め、
ひたひたに湯を注いで塩を少々入れる。好みの堅さにゆで、ざるに取って水を切り、
器に盛っておく。
(3)再びフライパンを熱してごま油をなじませ、生姜を炒めて香りを出す。
*の材料、帆立の貝柱と缶汁を加えて煮立て、片栗粉を水で溶いてまわし入れる。
とろみがついたらコーンの半量を加えひとまぜしてからブロッコリーの上にかける。
残りのコーンを上から散らしてできあがり。

一言アドバイス

11月頃から旬を迎えるブロッコリーは、皮膚や粘膜の抵抗力を強めるビタミン類が豊富で、カゼの予防にも有効です。
緑色の濃さの違いは、栽培温度の違いによるもので、栄養的な差はないようです。

このページについてのお問合せは

農業振興課(妻沼庁舎)
電話:048-588-9990(直通) ファクス:048-588-1326

この担当課にメールを送る

本文ここまで