このページの先頭です

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金支給要件確認書を発送しました

更新日:2022年1月31日

1月31日(月曜日)に下記の条件を全て満たす世帯宛に「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金支給要件確認書」を発送しました。給付を御希望のかたは、内容を御確認、必要事項を記入の上、速やかに御返送ください。

(条件1)世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税であること

世帯の中に令和3年度住民税が課税されているかたが一人でもいらっしゃると対象となりません。

(条件2)住民税均等割が課税されているかたに扶養を受けている者だけで構成される世帯でないこと

(例1)単身赴任をされているかた(住民税課税者)から世帯員全員が扶養を受けている
(例2)事業主(住民税課税者)から世帯員全員が専従者給与を支給されている
上記のようなケースは条件2を満たしていないことになります。

(条件3)令和3年1月2日以降に熊谷市に転入されたかたを含まない世帯であること

住民税は1月1日時点での住所地で課税されます。
1月2日以降に転入されたかたがいらっしゃる世帯は、そのかたの住民税の課税状況が分かりません。
申請書での手続が必要となります。(※)
(※)申請書による申請の受付につきましては、3月1日(火曜日)から予定しています。
詳細については、後日改めてお知らせします。

(条件4)令和3年12月10日(基準日)に熊谷市に住民登録があること

住民税非課税世帯に対する臨時特別給付金は基準日に住民登録がある市区町村にて給付の手続を行います。
令和3年12月11日以降に熊谷市に転入されたかたは、転入前の市区町村に、
令和3年12月10日以前に熊谷市から転出されたかたは、転出先の市区町村に、
それぞれ給付に関する手続の確認をお願いします。

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、令和3年度住民税非課税世帯等に対して、1世帯当たり10万円の現金を給付します。

対象となる世帯

1.住民税非課税世帯

令和3年12月10日時点で熊谷市に住民登録があり、かつ世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯。生活保護受給世帯も含みます。

2.家計急変世帯

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、令和3年1月から令和4年9月までの間で家計が急変し、世帯全員のそれぞれの1年間の収入見込み額が、住民税非課税水準に相当する額以下となる世帯。

(注意)1、2いずれも、住民税均等割が課税されているかたに扶養を受けている者だけで構成される世帯は対象外です。

給付額

1世帯あたり10万円(住民税非課税世帯、家計急変世帯問わず受給は1世帯につき1回限り)

給付される時期について

市役所に確認書等が返送されてから概ね4週間程度となります。

熊谷市臨時特別給付金室コールセンターを開設しました

令和4年1月24日より住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金に関するコールセンターを開設しました。
制度に関する質問などにお答えしますのでご利用ください。
(注意)臨時特別給付金に関するコールセンターになりますので、住民税が非課税であるかどうかはお答えできません。

熊谷市臨時特別給付金室コールセンター
電話番号:048-580-7288
受付時間:平日9時から17時(令和4年3月26日までは土曜日も対応)

内閣府では、国民向けの一般的な制度概要についてお答えするコールセンターを設置しています。

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金・住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金コールセンター
電話番号:フリーダイヤル0120-526-145
受付時間:9時から20時(土曜日・日曜日・祝日を含む。)

このページについてのお問合せは

臨時特別給付金室
電話:048-524-1111(代表)

本文ここまで