防災行政無線「まちなか洪水ハザードシール」

更新日:2019年4月15日

防災行政無線「まちなか洪水ハザードシール」とは

地域の人に

日頃から「地域のリスク」を意識し、いざという時、速やかに避難してもらうため、市内240箇所の防災行政無線に「洪水時の浸水深」を掲示しました。

この取組みは

国土交通省が進める水害対策「まるごとまちごとハザードマップ」に基づいています。

「東京海上日動火災保険株式会社」との協働事業

平成29年12月に締結した同社との包括連携協定に基づき、東京海上日動と「防災啓発」に関するアイデア出しのミーティングを重ね、洪水ハザードシールの作成についてご協力いただきました。

シール表示について

最新の浸水想定

1000年に一度の大雨(想定最大降雨)に基づくため、市ハザードマップ(H27時点の数値)とは異なる場合があります。

QRコードを使って

国土交通省HP「重ねるハザードマップ」をスマホから確認できます。このホームページでは、洪水・土砂災害、道路防災情報、土地の特徴・成り立ちなどを地図や写真に自由に重ねて表示できます

参考リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国土交通省HP「重ねるハザードマップ」(外部サイト)

シールの表示場所

市内240箇所の防災行政無線の(1)機器ボックス、または(2)無線柱のうち「目につきやすい場所」に貼付しました。


無線機器ボックスに貼付した場合


無線柱に貼付した場合


目につきやすい場所に貼りました


耐水・耐光シールを使用しています

お問合せ

危機管理課
電話:048-524-1111(代表)内線333
ファックス:048-525-9051
この担当課にメールを送る