このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

42デマンドバス採用の提案

更新日:2013年2月19日

メールの内容

もうじき70歳になる独居老人です。
自動車の運転でヒヤリとすることが増えてきました。かといって運転しなければ出かけるのに不便で・・・4年後の新車購入をどうするか迷ってます。
市内循環バスは時間もルートもものたりないです。すれ違った直実号にはたまたまでしょうが誰も乗っていませんでした。知人は自転車で小一時間かけてテニスに行ってます。
 
先日NHKでデマンドバスを報じていました。予約制の乗合バスのようなもので、一見理想的に思えました。報じていたのは最新の東大開発のシステムです。コンピューターで予約内容から最適ルートと時間を決め、効率的・時間誤差少なく運行できるとのこと。

インターネットで調べたところ、特徴は(1)オペレーターは必須ではない、(2)サーバ共有で運航費が安い。
県内では北本市、鳩山町が採用。

なお対抗している先行システムで●●プランニングというのもありました。こちらは隣県の前橋市、みどり市で採用とのことです。

東大システムは資料提供があれば予備調査(シミュレーション)費用は無料とのこと。採用自治体や提供機関に問合せて採用を検討していたいただきますよう提案します。
個人的には4年後に実行されていれば理想ですが…

回答(平成25年2月12日)

事前予約により、自宅から目的地までの「ドア・トゥー・ドア」のサービスが受けられるデマンドバスは、地域公共交通手段の一つとして注目され、様々な取組みが進められています。
ご提案いただきました東京大学が開発したシステムにつきましても、説明会に出席するなど情報収集に努めておりますが、オペレーターの代わりにパソコンや携帯電話によるインターネットを使った予約システムの扱い方やコスト面など、まだまだ課題も多いようです。
デマンド方式を採用している市町村も徐々に増えており、システムの低コスト化や車両についてもバスだけでなくワンボックスタイプの小型車両の利用や、タクシーとの連携など様々な改良が行われているようですので、今後も調査研究を進めたいと考えております。

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成24年4月〜

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る