このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

40市内循環バスほたる号の停留所を増やしてください。

更新日:2013年2月19日

メールの内容

ほたる号を高校生などは朝晩よく利用しているようですが日中あまり人が乗っていません。とてももったいないと思います。
立ち寄り場所がかなり限られているからではないかと思います。是非ピピア・江南荘・●●眼科近辺にも停留所を作ってください!
ピピアの公民館での活動をしたい高齢者のかたがいても車に乗れないと諦めるしかありません。
ピピアのコンサートにきてみたい熊谷のまちなかの方もいらっしゃるでしょうが、車で来ると初めてだとかなり迷うと思います。
江南行政センターバス停からピピアは確かに5分ですが、初めて来られる方は、ピピアが見える所にないので人に聞かないとたどりつけないと思います。高齢者にはあの距離と坂もきついようですし・・・
小学生もピピア前にバスが停まるとなれば図書館に子どもだけで行って本を借りたりできます。(小さい子どもだけで行かせるには、夕方など人家が少ないので心配なのです)
江南荘も専用のバスが江南各地を回ってはいますが、熊谷の方から行ってみたいという声も聞きましたし、一日フリーパスでお風呂めぐりをするなどという使い方もできます。
それに江南荘下の通りはサクラの名所でもあるので熊谷の観光名所にもおすすめです。
それと●●眼科近辺ですが、江南には眼科がなく高齢になると白内障などで●●眼科にかかる方が多いのです。検査などで点眼すると瞳孔がひらいてしまって「帰りは運転してはいけません。」という話もよく聞きます。
あそこは本当に車がないといけない場所なので、是非ほたる号を停めていただけると高齢化していくこれからは皆さん喜ぶと思います。
大麻生、三尻から江南へ行ってみようという方もいらっしゃるかもしれませんので是非検討お願いいたします!
ほたる号を見て江南に蛍を見に行こうと大勢いらっしゃることを楽しみにしております!

回答(平成25年1月25日)

ご質問いただきました「市内循環バス(ゆうゆうバス)」は、民間路線バスを補完し、障害者や高齢者など移動制約者や公共施設利用者への交通手段として、市がバス会社に補助金を出して運行しております。
ほたる号は、平成23年10月から新たに運行しているルートですが、ルートや停留所については、地元江南地域の自治会連合会との協議により設定した経緯がございます。
今回、ほたる号以外でもルート変更やルート短縮、バス停の新設など様々なご要望をいただいていることから、市内全域を対象としたアンケートを実施する予定でございます。
ほたる号につきましては、今回いただきましたご意見やアンケート調査の結果と合わせて自治会連合会のみなさんからのご意見も伺いながら、利用見込みや運行コストなども加味し、みなさんが利用しやすい循環バスとなるよう、今後も検討してまいりますので、ご理解をいただきたいと存じます。

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成24年4月〜

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る