このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

09妻沼庁舎施設の使用について

更新日:2012年6月8日

メールの内容

表題の事について節電の目的により、月曜日・木曜日の使用を制限する旨,彩の国いきがい大学熊谷学園経由にて連絡を受けました。
市長の並々ならぬご尽力により妻沼庁舎にいきがい大学を招致された事と聞いて居ります。私達はそのいきがい大学の一期生として学び3月に卒業いたしました。在学中にハーモニカクラブを結成、昨年9月より敬老会・デイサービスセンター等7ヵ所訪問し、ハーモニカを演奏して施設利用者に歌って戴くと言うボランテア活動を行って参りました。これは市長の招致された学園の主旨を実践に移した一部分であると思っています。在学中だけでなく卒業後こそが社会への還元と考えています。
本年4月より木曜日午前中,月2回の割合で「施設目的外使用許可申請書兼許可書」を提出し許可を受け妻沼庁舎304号室でハーモニカの練習をさせて戴いております。
先の連絡を受けクラブ員と水曜日への移行を検討いたしましたが、水曜日では都合が付けられないクラブをやめざる得ないと言う人が出てきました。現在7月分までは許可を戴いております。以後の木曜日の午前中に借用出来る場所を検討中です。いずれに致しましても熊谷市内で続けて行くつもりで居ります。その場合本当の節電になるのでしょうか?
妻沼庁舎は見掛上節電になるかも知れませんが、熊谷市としては何ら節電にならないと考えます。
市長はハートフルミーテイングを行い市民の声を大切にされております。今回の妻沼庁舎の処置がどれだけ節電になるのかご回答を戴けましたら私達も納得ができます。
私達の小さな活動では有りますが延べ300名を超す方々と交流が持てました。練習場所のために、挫折はしたくないと考えております。宜しくお願い申し上げます。

回答(平成24年6月6日)

日頃から妻沼庁舎をご利用いただきありがとうございます。
市役所では、節電目標として平成22年度比で26%の削減を目標として空調、照明の調整等さまざまな取り組みを行っております。妻沼庁舎でも電気料金の値上げを受け前年比14%以上の電気使用料負担増が見込まれており、現在照明等を三分の二に抑えるなど多方面から節電対策を実施しております。
今年も猛暑が予想されており、電力需要は益々増大することが見込まれており、限られた予算で対応する必要がございます。こうした中であっても行政センター本来の目的である円滑な行政事務や来庁者へのサービスに影響があってはならないと考えております。
このようなことから、今夏の妻沼庁舎の目的外使用につきましては、一部制限させていただきました。ご不便をおかけしますが、ご協力くださいますようお願いいたします。期間終了後のご利用をお待ちしております。

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成24年4月〜

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る