このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

50 町おこしについて

更新日:2016年5月11日

メールの内容

 県外在住の者です。夫の実家が熊谷市で、熊谷にはよく行きますし(1 年ほど住んでいたこともあります)、環境もよく良い所だと思います。ただ、前々から思っていたのですが「暑い」を町おこしにするのに、どうしてもプラスのイメージが持てず(キャラの印象も)、ネガティブな感じがして好きになれませんでした。あのキャラを見て「行ってみたいな〜住んでみたいな〜」と思う人が果たしているでしょうか。もっとポジティブなイメージもあるはずだけど、と思っていました。私はうどんを食べに香川県に行くくらいうどんが好きなのですが、熊谷の地粉を使ったうどんはかなり美味しいと思います。うどんが好きなので色んな産地のうどんをたべますが、熊谷のうどんは個性もありますし、武蔵野うどんルーツのお汁も美味しいですし、絶対にヒットすると思うのですが。もう「暑い」はやめて、別の、もっと行ってみたくなるようなポジティブなキャンペーンが始まるといいなあと思い、メールさせていただきました。ご検討のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

回答(平成28年4月1日)

 このたびは貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございます。
 本市では、平成17年から人の気持ちと気温の「あつさ」を掛け合わせた「あついぞ!熊谷」事業に取り組み、地域活性化を目指してまいりました。加えて、国内最高気温を記録した平成19年からは、市民の皆様の生命と健康を守るための「暑さ対策」に力を入れており、環境省や自治体、民間事業者が参画する「熱中症予防声かけプロジェクト」において、暑さ対策への取組が評価され、3年連続トップランナー賞を受賞いたしました。今後も本市の「暑さ対策」を、さらにピーアールしてまいります。
 また、ご提案いただきました「うどん」につきましては、熊谷小麦産業クラスター研究会が製品化に取り組んだ「熊谷うどん」や、NPO法人くまがや小麦の会が製品化に取り組んだ「熊谷産小麦を使ったクッキーやケーキ」等のピーアールに努めてまいりますので、ご理解いただきたいと存じます。

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成27年4月〜

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る