このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

28 洪水対策について

更新日:2016年2月8日

メールの内容

 先週、常総市で鬼怒川が氾濫しました。その際に常総市役所の地上に設置されていた非常用発電機が水没し2日に渡って市役所が機能不全に陥ったとの報道を耳にいたしました。福島原発も地下に設置してあった非常用発電機が水没し事故に至ったのは記憶に新しいところです。
 そこで質問ですが、熊谷市役所の非常用発電機は何処に設置されているのでしょうか。重量があり防水の必要な非常用発電機は設置場所が難しいですが、もし、地下や地上に設置しているのであれば駐車場に鉄骨を組んで2階相当の高さに設置するだけでも、耐洪水性、耐震性を備えた設備にできると思います。
くわえて私ごとですが、避難所の件です。我が家の最寄りの避難所であった熊谷会館が既に閉鎖されていますが、何処に避難すべき(東小学校?熊谷女子高校?)なのでしょうか?

回答(平成27年10月5日)

 いただきました「市長へのメール」にお答えいたします。

 市役所本庁舎の非常用自家発電設備は、地下機械室に設置してありますが、現在実施中の本庁舎耐震改修工事に併せ、庁舎屋上に新設移転することとなります。
●●の最寄りの避難場所は、▲公園と■小学校がございます。▲公園は、建物の倒壊等の危険から、一時的に避難するための場所です。■小学校は、災害発生前後に、自宅での生活が困難な方々を収容する施設です。小学校が利用できない場合や避難者が多すぎて収容できない場合には、県立◆高等学校や中学校等の避難所も開設し、避難していただきます。
 なお、▼▼様のご自宅付近は、荒川が氾濫した場合、0.5mから1m未満の浸水想定区域に指定されております。荒川が氾濫するおそれがあるときには、状況に応じて段階的に市から避難情報を発令いたしますので、発令があった場合には、速やかに熊谷市北部や荒川の上流側に避難してください。
詳しくは、「熊谷市洪水ハザードマップ」をご覧いただきますようお願いいたします。
※ 熊谷市洪水ハザードマップ(荒川版)PDF
http://www.city.kumagaya.lg.jp/kurashi/bosai/iza/bousai/floodsmap.files/arakawa.pdf

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成27年4月〜

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る