このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

03 学童保育について

更新日:2015年5月25日

メールの内容

 今年から学童保育の対象が6年生までに拡大されています。しかし学童自体の増設は行われていないため、予想はしていましたが、申請を出しても4年生以上で入れた人はいませんでした。これでは制度ができても有名無実です。
 当方は●●小で、まだ低学年のため●●児童館に入れていただいていますが、例えば、小学校内の教室を利用して、新規の保育場所を確保して受け入れ人数を増やす等の対策は、お考えではないでしょうか。
 特に、平日はともかく長期休み中は、いくら6年生でも子どもだけで毎日朝から晩まで一人にしておくのは不安です。
 もちろんお世話をしてくださる人の確保も必要ですし、予算も必要なのは承知しておりますが、例えば長期休み中だけでも早急にご検討いただけるようお願いいたします。
 尚、HPに質問を掲載する場合は、上記具体的な学童名は伏せていただきますようお願いいたします。

回答(平成27年5月8日)

 いただきました「市長へのメール」に、お答えいたします。
 
 本市では、今年3 月に策定した「子ども・子育て支援事業計画」におきまして、入室を希望する全ての児童を受け入れるため、平成31 年度までの5 年間で、新たに500 人程度を受け入れるための施設整備を計画しています。
 施設は、小学校内の余裕教室等を活用し整備してまいりますが、指導員の確保を含め、予算が伴いますことから、待機児童の状況、今後の入室希望人数見込、余裕教室の有無等を総合的に勘案し、優先度が高い学校順に実施してまいります。
 今年度は、熊谷東、石原及び別府の各小学校の余裕教室を活用し、施設整備を行います。
 今回ご提案いただきました長期休み期間に限った施設につきましては、現時点では整備する計画はございませんが、来年度以降も、順次通年利用可能な施設を整備することにより、小学校6年生までの待機児童ゼロを目指してまいります。
 なお、長期休み期間中、定員に余裕が生じる場合は、利用児童の募集を行いますので担当課にお問合せください。

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成27年4月〜

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る