このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

ご存知ですか?無条件で解約・返品できる「クーリング・オフ」

更新日:2017年1月30日

クーリング・オフとは、訪問販売や電話勧誘販売などで商品やサービスの契約をした場合に、一定期間内なら無条件で解約・返品できる便利な制度です。
クーリング・オフは「特定商取引に関する法律」により定められた制度で、クーリング・オフが可能な期間は販売方法や契約種別によって異なります。

クーリング・オフの対象と期間

 
取引形態 対象 期間
訪問販売 ・業者が消費者宅へ訪問して、商品、権利の販売又はサービスの提供を行う契約
・キャッチセールス
・アポイントメントセールス
・催眠(SF)商法
 8日間
電話勧誘販売 ・業者からの電話勧誘により行った契約  8日間
特定継続的
役務提供
(店舗契約も含む)
・エステティックサロン
・語学教室
・パソコン教室
・学習塾
・家庭教師
・結婚相手紹介サービス
 8日間
連鎖販売取引
(店舗契約も含む)
・マルチ商法  20日間
業務提供
誘引販売取引
(店舗契約も含む)
・内職商法
・モニター商法など
 20日間
訪問購入 ・業者が消費者宅等へ訪問して物品を買い取る契約  8日間

クーリング・オフのできる期間(起算日)

クーリング・オフの期間は、消費者が事業者から法定書面を受け取った日から計算します。
消費者が法定書面を受け取っていない場合や、法定書面にクーリング・オフをできる旨の記載がないなど不備がある場合は、消費者はいつでもクーリング・オフができます。
また、事業者からクーリング・オフができないなどと虚偽の説明をうけた場合などは、事業者から改めてクーリング・オフできる旨の書面の交付を受けた日を起算日とします。

クーリング・オフができない場合

  • 現金で3,000円未満の取引の場合
  • 自分も事業者であり、営業目的で契約した場合 等

クーリング・オフが出来ない場合でも、消費者契約法で契約の取り消しが出来る場合や、事業者との交渉で合意解約できる場合などがあります。よく分からない、判断に不安があるときなどは、熊谷市消費生活センターにご相談ください。

クーリング・オフの方法

クーリング・オフの方法は、ハガキ等で下記の内容を書いて業者(クレジット利用の場合はクレジット会社にも)に送付するだけです。

ポイント!

  • ハガキ等の宛先は、代表者あてにしてください。
  • クーリング・オフには理由は要りません。違約金等は不要で、送料も業者が負担します。
  • ハガキは両面コピーをとり、郵便局から簡易書留など記録が残る方法で出しましょう。
  • 送付の記録等の関係書類は、5年間保存してください。

※販売会社にハガキを送る際、クレジット契約をした場合には、クレジット会社にも同様の通知を出します。

クーリング・オフについてのご相談は・・・

『熊谷市消費生活センター』にご相談ください。
消費生活センターでは、クーリング・オフ以外にも、消費者と事業者との間で起こった契約トラブルや悪質商法、または多重債務(借金問題)についてのご相談も承ります。
お気軽にご利用ください。
 

このページについてのお問合せは

市民活動推進課
電話:048-524-1111(代表)内線475、330、286 ファクス:048-521-0520

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

消費生活

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る