このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったことにより、定期予防接種を受けることができなかった方

更新日:2015年7月1日

平成25年1月30日より、次の1、2の要件に該当する場合は、定期予防接種の対象年齢を過ぎても定期接種として接種できるようになりました。

  1. 定期予防接種対象年齢であった間に、長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったことなど特別な事情(※下記参照)があったことにより、接種を受けることができなかった。
  2. 予防接種を受けることができなかった特別な事情がなくなった日から起算して2年(高齢者の肺炎球菌感染症に係る定期接種を受けることができなかったと認められるものについては、当該特別の事情がなくなった日から起算して1年)以内に接種する場合。

対象期間の特例

  1. ジフテリア、百日せき、急性灰白髄炎及び破傷風については、15歳(沈降精製百日せきジフテリア破傷風不活化ポリオ混合ワクチンを使用する場合に限る。)に達するまでの間
  2. 結核については、4歳に達するまでの間
  3. ヒブ感染症については、10歳に達するまでの間
  4. 小児の肺炎球菌感染症については、6歳に達するまでの間
  5. 高齢者の肺炎球菌感染症については、予防接種を受けることができなかった特別の事情がなくなった日から起算して1年に達するまでの間

※この制度の対象と思われる方は、必ず接種をする前に母子健康センターにご相談ください。

特別な事情

(1) 次の疾病にかかった方
  (やむを得ず定期接種を受けることができなかった場合に限ります。)

 ア 重症複合免疫不全症、無ガンマグロブリン血症、その他免疫の機能を抑制する治療を必要とする重篤な疾病

 イ 白血病、再生不良性貧血、重症筋無力症、若年性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、潰瘍性大腸炎、ネフローゼ症候群、その他免疫の機能を抑制する治療を必要とする重篤な疾病

 ウ ア又はイの疾病に準ずると認められるもの


(2) 臓器の移植を受けた後、免疫の機能を抑制する治療を受けたことにより、定期接種を受けることができなかった

(3) 医学的知見に基づき(1)又は(2)に準ずると認められたもの

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問合せは

母子健康センター
電話:048-525-2722(直通) ファクス:048-526-1950

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る