このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

「熱中症警戒アラート(試行)」の先行実施について

更新日:2020年6月19日

環境省と気象庁は、熱中症予防対策に資する効果的な情報発信として、新たに、令和2年7月1日から同年10月28日に関東甲信地方の1都8県で「熱中症警戒アラート(試行)」を実施いたしますのでお知らせします。

「熱中症警戒アラート(試行)」の先行実施について

1.背景

 近年、熱中症搬送者数が著しい増加傾向にあり、国民生活に大きな影響を及ぼしています。
 これまで、気象庁の高温注意情報や環境省の暑さ指数(WBGT)等によって国民に注意を呼びかけてきていますが、熱中症による死亡者数や救急搬送者数は引き続き多い状態が続いていることから、どのように情報を発信し、国民の効果的な予防対応行動に繋げるかが課題となっています。
 そこで、環境省と気象庁が連携して、有識者による「熱中症予防対策に資する効果的な情報発信に関する検討会」を設け、その具体的な方法について検討を行ってまいりました。

2.「熱中症警戒アラート(試行)」について

これまでの検討を踏まえ、熱中症の危険性が極めて高い暑熱環境が予測される際に、環境省・気象庁で新たに暑さへの「気づき」を呼び掛け国民の熱中症予防行動を効果的に促すための情報提供を開始することとしました。
今年度は、令和2年7月1日から同年10月28日に関東甲信地方の1都8県(東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県、長野県)で、先行的に「熱中症警戒アラート(試行)」(以下、アラート)を実施します。
さらに、今秋以降に有識者検討会において今夏の検証を行い、その結果を踏まえ令和3年度からは全国で、高温注意情報に代わる新たな情報発信として、本格運用する予定です。

3.「熱中症警戒アラート(試行)」の発表時の対応について

アラートは、熱中症の危険性が極めて高くなると予想される前日または当日に、対象都県に対して発表されます。発表された際には、日頃から実施している熱中症予防対策の普段以上の徹底をお願いいたします。

4.具体的な行動

  • 涼しい部屋に移動し、エアコン等を適切に活用する。
  • 不要不急な外出は避ける。
  • 作業は気温の高い時間帯を避け、作業前、作業中の水分補給、こまめな休憩を心掛ける。
  • 単独作業は避け、お互い声を掛け合う。
  • 屋外での運動を中止する。
  • 熱中症への注意が必要な小児や高齢者等に対しては、周囲の方々が協力して見守る。

添付資料

出典:環境省ホームページ

このページは、ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 >「熱中症警戒アラート(試行)」の先行実施について より転載しました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問合せは

健康づくり課
電話:048-528-0601(直通) ファクス:048-528-0603

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る