このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

風しんの流行情報

更新日:2014年12月25日

風しんの症状や予防、埼玉県内の流行状況の詳細は、下の情報をご覧ください

風しんとは

風しんは、せきやくしゃみなどによって他の人にうつり、2〜3週間の潜伏期を経て発疹、発熱、リンパ節の腫れなどの症状があらわれます。発疹のでる2〜3日前から発疹がでたあとの5日位までの間、感染力があると言われています。特に妊娠初期に感染すると、胎児にも感染して難聴や心疾患などをおこす危険性があります。

風しんの予防接種

風しんは、予防接種で免疫をつけることができます。
1歳から2歳に至るまでのお子さん、年長に相当する年齢のお子さん(小学校就学前の1年間)は定期予防接種対象者として全額公費負担で接種することができます。まだ接種していない方は早めに接種しましょう。

妊婦さんへの感染を防ぐために

特に
1.妊婦の夫、子どもその他の同居家族
2.10代後半から40代の女性
 (特に、妊娠希望者または妊娠する可能性の高い方)
3.産褥早期の女性
のうち、抗体価が十分あると確認ができた方以外の方に対して、任意での予防接種を受ける事についてご検討ください。

熊谷市ホームページ:大人の風しん予防支援事業を実施します。

注意

妊娠出産年齢の女性が風しんの予防接種を受ける場合には、妊娠していない時期にワクチン接種を行い、その後2か月間の避妊が必要です。
なお、妊娠中は風しんの予防接種を受けることはできません。

風しんポスター

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

このページについてのお問合せは

母子健康センター
電話:048-525-2722(直通) ファクス:048-526-1950

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る