このページの先頭です
このページの本文へ移動

本文ここから

「熱中症にご用心」啓発用ちらしを全戸配布

更新日:2015年7月24日

本市では、平成20年度から熱中症対策事業を開始し、平成20年度は予防パンフレットを配布しました。

平成21年度は、さらに施策を充実させるために市内の単身高齢者を対象に
日本気象協会が製作した携帯型「熱中症計」
クールスカーフ
を各2300個、民生委員を通じて配布しました。

今年度は、

啓発用ちらし「熱中症にご用心」を全戸配布
公用車に「熱中症に注意」のステッカーを貼付し啓発
昨年度配布した「熱中症計」の電池を届けながら、見守り啓発の実施

を行っています。

1.日本気象協会が製作した携帯型「熱中症計」

・熱中症の危険度ランクを「LEDランプ」と「ブザー」でお知らせ
(ブザーは「厳重警戒」「危険」の時に、それぞれ異なるパターンで鳴ります)
・ブザーが不要な場合にはOFFできるスイッチ付き
・電源ON時には、気温と湿度を常時表示
・電源ONボタンを押して10秒後、自動的に電源がOFF
・持ち歩きに便利なストラップ付
・ティアドロップ型で飽きのこないシンプルなデザイン

2.クールスカーフ

・水分が気化する吸熱作用で熱を奪い、皮膚の温度上昇を抑えます。
・額や首、手足などに巻いてください。
・ひんやりとした冷却効果が長時間持続します。
・繰り返しご使用いただけます。
・レジャー、アウトドア、お料理中に、ガーデニングに、屋内外でのあらゆる作業にお使いいただけます。

お問い合わせ

長寿いきがい課 電話048-524-1111 内線271

このページについてのお問合せは

健康づくり課
電話:048-528-0601(直通) ファクス:048-528-0603

本文ここまで

メインメニューへ戻る

本文に戻る

このページの先頭に戻る

ページ上部へ