このページの先頭です
このページの本文へ移動

本文ここから

「暑さ対策日本一」トップランナー賞を獲りました(2017年)

更新日:2018年7月9日

「ひと涼みアワード2017」トップランナー賞(日本一)受賞!

熱中症予防を目的に、環境省と全国7,146の企業、行政、民間団体が一体となって取り組む「熱中症予防声かけプロジェクト」において、優れた取組を表彰する「ひと涼みアワード2017」において、合計655の応募の中から、『最優秀声かけ賞 官民連携部門』を受賞しました。

さらに、声かけ賞各部門のほか、企画賞、啓発賞、団結賞、イベント賞の各賞で最優秀賞を受賞した25団体がプレゼンテーションを行い、互選により、熊谷市が『トップランナー賞(行政)』を受賞しました。

熱中症は正しい知識を身につけ、適切に対処することで防ぐことができます。引き続き、熱中症予防の声かけを継続し、熱中症ゼロを目指します。

荒川中学校も「声かけ賞 官民連携部門」優良賞を受賞!!

荒川中学校では、熱中症対策講習会や熱中症予防の標語作成などを実施したほか、オリジナルのチラシや塩飴等を「イオン熊谷店」で配布しながら、市民の皆さんへ声かけを行うなど、積極的に熱中症予防に取り組みました。
これらの活動が認められ、見事、「声かけ賞 官民連携部門」優良賞を受賞しました。
おめでとうございます!!

地域へ発信!中学生(暑さ対策)サポーター事業について

熊谷市の中学校では、全中学生を暑さ対策サポーターに養成するため、1年生で熱中症予防の知識や適切な対処方法について学び、2年生でAEDを使用した救命措置、3年生では、学んできたことを運動会やボランティア活動、防災行政無線等で地域の皆さんへお伝えし、地域全体で熱中症を予防していこうという事業を行っています。

このページについてのお問合せは

政策調査課
電話:048-524-1111(代表)内線368、369 ファクス:048-525-9222

この担当課にメールを送る

本文ここまで

メインメニューへ戻る

本文に戻る

このページの先頭に戻る

ページ上部へ