このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

おたよりパレットNo,121「思わず空をあおいだ出来事」

更新日:2016年12月1日

熊谷にまつわるテーマについて、市報くまがやの読者の皆さんからお寄せいただいたご意見を紹介するコーナー「おたよりパレット」。

今月のテーマは「思わず空をあおいだ出来事」です。

虹を見つけると、得した気持ちになります。雨も雪も好きですが、雲の晴れ間からのぞく太陽の光に、ワクワクしてしまいます。

虹

  • マラソンが趣味の私。ゴール着後、ヤッターと空を仰ぎ感謝・感動。(60代・男性)
  • 自転車通勤の私。天候がいちばん気にかかる毎日。予想が外れ思わず、え〜と空を見上げます。(60代・女性)
  • 相変わらず、今年も暑い日が続いた夏でしたね。「あついぞ熊谷!!」と思わず空をあおってしまった。(50代・女性)
  • 8年前、父親がガンであることを医者から告げられて、途方にくれ、思わず空を仰いだ経験があります。半年後、父は他界しました。(50代・男性)
  • 今年は晴れ間がのぞく事が少ない年でしたが、雨上がりに二重の虹が出ていたので、思わず空を仰ぎ、写真を撮っていました。(60代・男性)
  • 航空ショーのイベントに招待されて、会場に近づいた時、飛行機の編隊が轟音と共に真上にいたので、驚いて顔を上げたら、ブルーインパルスのデモンストレーション飛行であった。初めての経験でびっくりしたことを思い出す。(70代・男性)
  • 体育祭で、私の自治会が優勝した時。天高く馬肥ゆる空を仰ぎました。(50代・女性)
  • 東日本大震災の翌日も晴天で空が真っ青で綺麗だったことを覚えています。(40代・男性)
  • ゴルフでパットが、ホール手前数センチで止まった時。(60代・男性)

ゴルフ

  • 宝くじの抽選会をテレビで見ていて、「はずれ〜」た時です。(60代・男性)
  • 孫の運動会で、天気予報が晴れなのに、朝起きてみると小雨が降っているので、思わず空を仰いで、天気になれと祈ってしまいました。(60代・男性)
  • 虹です。雨が降っていて西から太陽が照っている時は、必ずと言っていいくらい虹が出る事が多いのです。二重の虹が出来て、それは本当に美しい風景です。虹根の所まで走って行って、虹の橋を上ってみたい、そんな気持ちになってしまう虹の美しさです。(70代・女性)
  • 雲が東に流れて空が晴れると、旅客機が東北の方角から真っ直ぐに上昇し、西南の方に落下する。排気ガスが白く残る。(60代・男性)
  • 仕事で視覚障害がある方とウォーキングに出掛けたときのこと。「住宅街は暑いから、土手に行きましょう。風がありますよ。」と言われ、汗を拭き拭き土手の上に来てみると、わぉ!風が・・・。思わず空を見上げました。「さえぎる物がないから、土手の上は風が気持ちいいですよ。」涼しくなってきたから、また歩きましょう。声掛けてくださいね。Wさん。(女性)
  • 今も昔もジェット機の爆音に空を仰ぎ、真っ青な空に白い線が鮮やかに続いていくのを見るのが好きです。また、運動会や行事の知らせの、日中の花火の音もすぐに空を見上げて、白い煙の花が広がるのがワクワク感につながって好きです。夏の終わりにガンの隊列が、大挙して空いっぱいに隊列を変えながら通り過ぎていくのは壮観です。首が痛くなるのも忘れて見上げている私です。最後に、グラウンドゴルフの大会に参加して、ほんのわずかでホールインワンを逃した時に、つい空を見上げたものです。(60代・男性)
  • 仕事でタバコを販売する時、「ソフト1カートン」というところ、「ソフトのBOX1カートンですね。」と真顔で言い間違いしてしまい、思わず空を仰ぎました。恥ずかしかったです。(30代・女性)
  • 今年の高校受験、念願の高校の合格番号があった時、思わず空を仰いで神様にお礼を言った、ありがとう。(10代・女性)
  • 東日本大震災直後、外に出て娘宅まで走って行く時の空の様子。雲は暗く、雪らしきものがパラパラ。異常事態に何が起きるのかと、思わず空を見上げた。(60代・女性)

合格発表

  • 去年の地区運動会の地区別対抗リレーで、第1走で出場しトップでたすきを渡し、総合成績でチームとして3位になった時に空を仰ぎました。我がチームは、この運動会に参加して7年目。やっと取れた3位なのでとても嬉しかったです。今年は優勝を目指します。(40代・男性)
  • 大好きな祖母やペットが亡くなった時。(40代・女性)
  • 澄みきったさわやかな秋空に、描かれる飛行機雲。どこまで続いていくのか、とてもステキで、思わずずっとずっと見ていたい気持ちになります。(50代・女性)
  • 子どものことで、悩んでしまう時に思わず空を仰いでしまいます。なんでと云う時が多々ありますので!!(30代・女性)
  • 子どもが希望の高校に合格した時です。自分の時よりもすっと喜び、感動が大きかったです。(50代・女性)
  • サッカー観戦。1対0で勝てると思っていた試合。最後の最後、2分のロスタイムで決められた時、雨の中の観戦でしたが、思わず空を仰いだ出来事でした。(30代・女性)
  • 台風の去った後、虹が出ると、思わず空を仰ぎます。素晴らしい出来事に時間が過ぎ去ります。(60代・女性)
  • 38年前に危険物取扱者の試験を受け、合格発表の日に見に行った掲示板に、私の受験番号があったので、思わず大きな声で「ヤッター」と言った空を仰ぎました。(70代・男性)
  • 青空の多い熊谷の空見上げれば、白いグライダーが気持ち良さそうに、滑走している。搭乗した事はないですが、妻沼の風景です。(60代・女性)
  • 昭和60年8月。籠原に住んでいました。7ヶ月になる長女を抱き、夜中から上空を飛ぶ自衛隊機の音に、不安な一夜を過ごしました。夜が明け、日航機の墜落事故を知り、乗客乗員の無事を祈りました。(60代・女性)
  • リオオリンピックで、吉田沙保里さんが金メダルを逃した瞬間。(50代・男性)

青空

  • よくウォーキングをしていますが、慌てた時にシューズとサンダルを間違えて履いて出掛けて途中で気づき、オーマイゴットが度々あります。(50代・女性)
  • 先日、夜勤明けの日の出直後、東の空を朝焼けが真っ赤に染めました。昔から、朝焼けの時は天気が悪くなるといいますが、その日は本当に悪くなり曇りから雨になりました。なぜそうなるのか、説明することはできないですが、昔の人は偉いとつくづく感じた日でした。(50代・男性)
  • 9月は雨の日が多く、2、3日の晴天は嬉しくて太陽のありがたさに空を見上げました。(60代・女性)
  • 5、6年前、散歩の時にとても素晴らしく不思議な雲を見ました。それは、犬のような形で、実家で飼っている犬にとても似ていてびっくしました。それからは、晴れていれば、必ず歩みをゆるめ空を見上げています。秋は空が澄み切り、どんな形状の雲にあえるかワクワクです。(70代・女性)
  • 高校入試の推薦で、まず間違いなく受かるであろう面接で落ちた時は、15歳の子どもながら空を仰いだかなぁ〜という経験をしましたね。(40代・男性)
  • 毎年、田植えの時期になると早朝のヘリコプターの音が気になり、空を見ます。洗濯物を外に干さないように、気をつけるためです。(40代・男性)
  • 台風10号が通過した後だったと思いますが、仕事の帰りスーパーに寄り車を降りたら、まわりの人が空を見ていて、何?と思ったら、大きな虹が出ていました。(50代・女性)
  • 自転車通学をしていた頃、パンクで10km歩いて帰らなければならなくなった時です。(40代・男性)

飛行機

  • 高校時代に野球の試合で、リリーフで登板するも緩いカーブを打たれ、あさっり逆転負け。悔しくて涙が出て、しばらく空を見上げてました。(50代・男性)
  • 4月からずっと就職がうまくいかず、不採用になる度に、思わず空を仰いでいます。(40代・女性)
  • 退職した翌日、今日から仕事に行かなくていいんだと、ベッドから思わず空を仰ぎました。(60代・女性)
  • いつも乗る電車より一本早い時間の電車に乗ろうと急いでホームに降りました。しかし一本早い電車は隣のホームでした。(30代・男性)
  • 今年の十三夜の月、思わず感歎の声を上げ月を鑑賞しました。十五夜は雲がかかってしまい、うっすらとしか見えなかったので、十三夜の月は素晴らしい晴れの夜空であったので感動、お供え物して、十五夜・十三夜を祝いました。(80代・男性)
  • 電車に荷物を忘れた事。必要ではないものでしたが、一瞬空を仰ぎました。(30代・女性)

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

ご意見ご紹介コーナー「おたよりパレット」

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る