このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

おたよりパレットNo,112「あなたの好きな春の食材」

更新日:2016年3月1日

熊谷にまつわるテーマについて、市報くまがやの読者の皆さんからお寄せいただいたご意見を紹介するコーナー「おたよりパレット」。

今月のテーマは「あなたの好きな春の食材」です。

寒い日が続いていますが、もうそこまで春がきています。旬のものを食べることは、身体にとても良いことです。心もおなかも温かく癒してくれることを願います。

たけのこ

  • 家の山でタケノコが採れたので毎日タケノコごはんを食べていました。作ってくれた母を思い出します。(60代・男性)
  • 筍を具にした煮物と筍ごはんは春を感じます。(70代・男性)
  • よもぎ。草餅になるこの時期限定のもので、春らしいですね。(50代・男性)
  • 春菊とタケノコです。(80代・男性)
  • 大根の葉、ニンジンの葉を天ぷらに揚げる。小さくみじん切りにして油で炒めて食べる直前にごまをふる。(70代・男性)
  • ふきのとう(秩父地方ではふきっ玉といいます)。(60代・男性)
  • ふきのとうのあぶらみそ炒めです。苦味があって、ご飯のおかずにぴったりです。(60代・女性)
  • うどやたらの芽、ふきのとうなど。春らしいものを天ぷらにすると美味しいです。若い頃は嫌いでしたが、年をとるにつれ、こんな美味しいものが嫌いだったとは…と思うようになりました。(40代・女性)
  • 田ゼリです。田んぼのあぜや休耕田の中に生えている「セリ」です。一ヶ所見つけると群れて見つかり、小さなカマで一つ一つ採り、下ごしらえを丁寧にして茹でて食べます。味がこく苦味も強く、とても美味しい春の味です。(60代・女性)

アスパラガス

  • 菜の花のおひたし、春の香を楽しむ。(60代・男性)
  • アスパラガス(マヨネーズをからめサラダ風に食べます)。(60代・男性)
  • 山菜です。普通の野菜はほとんど年間食べられますが、山菜は春だけのもので、あの味は大好物で、春が待ち遠しいです。(80代・男性)
  • つくし。(女性)
  • ふきのとう。たこやきの生地に刻んで入れて材料を作る。変色が早いので、すばやく粉に混ぜる。春を感じる一品です。(60代・男性)
  • かき菜が何よりも美味しいです。毎日食べ、ふれあいにも出しています。おかげで皆元気です。(60代・女性)
  • 子供の頃、社宅に住んでいまして、裏が山で春雪がとけると、わらび・ぜんまいが芽を出し、採るのが楽しみで母の料理でとても美味しかった。(70代・女性)
  • フキ。ごはんに日本酒にとってもおいしい。(60代・女性)
  • じいじの作ったキャベツは美味しい。(5歳・男性)

いちご

  • 苺・花菜など好きです。(80代・女性)
  • 春キャベツが柔らかくてざく切りにして生で食べるのが好きです。竹の子・フキを油揚げで煮付けたのすごく美味しいです。(50代・女性)
  • 春の七草の一つ「せり」を、結婚した頃の社宅のまわりで摘みました。かつおぶしをかけたり、ごまあえにして食べたり、香りがとても好きです。(50代・女性)
  • ふきのとうの天ぷらが好きです。ほのかな苦味がとても美味しく感じます。(40代・男性)
  • タケノコ(先の方のやわらかい部分)は好きです。筑前煮にして人参や椎茸、蓮根、鶏肉などと一緒に、栄養満点です。(60代・女性)
  • 深谷葱の甘味、酢、砂糖、ゴマ、最後に柚の千切りをちらす。美味しい葱ぬたです。(80代・女性)
  • タケノコです。タケノコご飯、味噌汁、煮物、炒め物など味わいたい春の味覚です。あく抜きが大変ですが、刺身仕立てが私の大好物です。(70代・男性)
  • 菜の花です。福川、利根川沿いへ母と摘みに行き、下茹でを十分してからお浸し・煮浸しなど、夕食を賑わせた思い出があります。(男性)
  • かぶ。薄く切って塩もみ。味噌汁の具として入れる。鶏肉と醤油の薄味で煮ると美味しいです。(70代・女性)

ぜんまい

  • 竹の子です。竹の皮に梅干しを入れて包みなめてみたり、竹の子も色々なものに入れるとシャキシャキ感がたまらないです。小さい頃やっていたので懐かしいです。(40代・女性)
  • キャベツのパスタは最高です。アスパラガスと一緒に。(30代・男性)
  • たらの芽です。天ぷらにして、揚げたてを食べると、ほろ苦くて最高に美味しいです。(40代・女性)
  • 茎玉ねぎの油味噌炒め。(70代・男性)
  • 魚が好きなので鰆がいいです。焼いても煮ても良し、春が待ち遠しいです。(50代・男性)

駅伝

  • 毎年3月になると、利根川河川敷で自然のからし菜を採取し一夜漬けにします。ピリッとした歯ごたえで大変美味しいです。(70代・男性)
  • 軍鶏鍋です。(80代・男性)
  • 苺だと思います。じゃがバターも最高に好きです。(60代・男性)
  • 毛ガニかな!!北海道から取り寄せてよく食べます。(30代・女性)
  • 春になるとよもぎを摘んで草もちを作ります。香りよく家族で美味しく食べます。(60代・女性)
  • 子供の頃、田んぼのあぜ道でとったせり。ごまあえにしたり、少しほろ苦さが、母の味を思い出し懐かしいです。(70代・女性)
  • 野菜はあまり好きではないが、春先に白菜の芯が出てきたのをごま和えにしてもらうのが好きです。皆様お試し下さい。(70代・男性)
  • たらの芽を毎年小鹿野町の奥に取りに行ってます。(70代・男性)

わらび

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

ご意見ご紹介コーナー「おたよりパレット」

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る