このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

おたよりパレットNo.47 「自転車・サイクリング」

更新日:2010年10月1日

熊谷にまつわるテーマについて、市報くまがやの読者の皆さんからお寄せいただいたご意見を紹介するコーナー「おたよりパレット」。
今月のテーマは「自転車・サイクリング」です。
健康にも環境にもよい乗り物、自転車。通勤、買い物の際に乗れる便利さだけではなく、天気の良い日に家族でサイクリングなど、楽しさも兼ねたところが魅力的です。皆さん、ぜひ、自転車に乗りましょう!

春や秋などはなるべく車を使わずに自転車で買い物などの用を足しています。軽い運動にもなりますし、お金もかからず経済的です。(30代・女性)
小学生のころ、初めて一人で自転車に乗ることができたときのうれしさは、今でも忘れることができません。スピード感はとても新鮮でした。(50代・男性)
独身の頃は、本当にまったくと言ってもいいほど乗らなかった自転車。子どもが産まれてからは、とても便利だということに気づき、毎日のように乗っています。思いたったらすぐヒョイと飛んでいけるし、何より風が気持ちいいです。(30代・女性)
良い天気の日、緑の多いところをサイクリングして、帰りには好きな買い物をして家族に喜んでもらっています。とても健康にいいので、71歳ですが、頑張っています。(70代・男性)
自転車はエコで健康、お金がかからない便利な乗り物ですね。四季折々の景色や草花を見ながらの自転車乗り、大好きです。(60代・女性)
田舎では誰もが自転車に乗れるのが当たり前でしたが、私の姉は乗り物が嫌いで乗れず、75歳を過ぎた今もどこに行くにも歩いて用事を済ませています。とても元気です。(60代・女性)
パパとサイクリングによく行きます。(小学生)

自転車は大好きですが、一般道は危険であまり乗りませんでした。市報で利根川自転車道や荒川自転車が整備されている事を知り、還暦を迎えて、新たな趣味のひとつに加えたいと思いました。(60代・女性)
戦後、わが家にはパンクをしないノーパン自転車がありました。タイヤが硬くて乗り心地が悪く、ガタガタ道を走ると降りてからもしばらくの間、手が震えていました。(70代・男性)
私は車に乗れないので、いつも自転車です。サイクリングフェスティバルに出場したい気持ちもありますが、ちょっと無理かな。(60代・男性)
高校生の時は自転車通学でした。行きは30分で着きましたが、冬になると北風で、帰りに一時間かかり、帰ったことを思い出します。(30代・女性)
主人はエコと健康のために近くの買い物は自転車に乗って出かけています。私はというと、頚椎の手術をしてから自転車には乗れなくなってしまいました。若いころが懐かしいです。(60代・女性)
今月号市報の「エコで健康!自転車に乗ろう!」がよかったです。最近はなるべく車を使わず、自転車で行動しています。自由気ままで楽しいです。(40代・女性)
地球温暖化がさけばれている中、自転車に乗って用事等を行うのは有効な手段であります。また、健康にもいいと聞いています。自動車社会の中、何百メートルのところに行くのにも自動車を利用している人が大勢いますが、私は2キロメートルくらいの範囲内では自転車を使用しています。冬はともかく、夏は風を切って走るのは何とも言えませんね。(60代・男性)

自転車には毎日、気をつけて乗っています。孫にいつも傘をさして乗らないでねと言われています。(60代・女性)
会社はもう定年となりましたが、15年間、通勤に自転車を利用していました。一日約50分間、とてもいい運動になったと思っています。(60代・男性)
環境にも体にもいい自転車!まさにエコ。腰にも負担が少ないから、老若男女問わないし、すごくいいと思います。お仕事をされている方は、片道30分くらいで着く距離なら自転車通勤をされたほうがお財布にもエコですよ。(20代・女性)
娘がやっと自転車に乗れるようになりました。夏休みにおじいちゃんおばあちゃんのうちまで、サイクリングに行く予定です。(40代・男性)
小学生のころ、家族で森林公園のサイクリングコースに行き、一日中自転車に乗り、楽しんだものです。たくさんの思い出ができたので、私も自分の家族と森林公園のサイクリングコースに行こうと思っています。(20代・女性)
わが家のパパは、私が3人の子どもたちを連れて、実家に帰省すると、決まって一人で気ままに利根川沿いをサイクリングに行きます。普段、車では通らない道を探検し、育児からも解放されて(笑)楽しい様子です!(30代・女性)

私と主人は子どもの大会で陸上競技場に行くときは、必ず自転車です。暑い!けど到着したときにはすごく爽快な気持ちになります。秋になったら、もうちょっと足を延ばしてサイクリングツアーに行きます。(40代・女性)
自転車は通勤のための私の足でした。今はあまり乗りませんが、パンクしたり、ライトがつかなくなったり、ブレーキがきかなくなったり、転んで怪我をしたりと色々と思い出がありましたが、自転車には感謝しています。(50代・女性)
熊谷市が自転車を推奨していることに大賛成です。私は、3年前から自転車を乗り始めまして、累計で360回3300キロメートル乗りました。安全対策として、1,スピードを出さないこと。2,ヘルメットをかぶること。の2つを励行しています。これからも積極的に自転車に乗ろうと思います。(男性)
50代の時、体力低下防止のため、会社が休みの土曜日は毎週、自転車で観光地めぐりをし、いい汗をかいていました。また、時間があれば、年齢に合ったサイクリングをしたいと思っています。(60代・男性)
籠原駅入り口17号国道から別府公園まで、自転車専用と徒歩の人たちの道路ができたので、安心安全で別府公園までサイクリングができます。(60代・女性)
自転車・サイクリングと言えば、健康管理、レクレーション、エコと連想されます。手軽で誰でも一人でも仲間とでも楽しめ、親しめる乗り物ですね。また、10月17日にサイクリングフェスティバルが開催されることは、素晴らしいことです。このような催しは、毎年開催し、定着させたいですね。(60代・男性)

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

おたよりパレットNo1から50

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る