このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

「ペット」にも防災を〜家族みんなの防災教室を開催しました〜

更新日:2019年3月12日

 平成31年3月9日(土曜日)、快晴の熊谷スポーツ文化公園で「災害時のペット対策」を学ぶ教室が開催されました。お子様連れのご家族とともに、ペットを連れた皆様にご来場いただき、130名を超す防災教室となりました。

2018年の全国犬猫飼育実態調査によれば

 全国の犬猫飼育頭数は「1855万2000頭」で、15歳未満人口「1559万2000人」より、多いとのこと。
 当日は、愛玩動物飼養管理士をはじめ、災害救助犬・セラピー犬を育てる専門家(一般社団法人 レスキュードック東京)からも、ご指導いただきました。

専門家によると

 「ペットの飼い主は自らの責任のもと、災害を乗り越えて動物を適切に飼育することが求められる」とのことです。

  • ペットの身元を示すものを付けること。
  • ケージやキャリーバックを用意し、慣らしておくこと。

 ペットの飼い主も飼っていない人も、お互いを思いやって、暮らしやすい地域を作っていきましょう。

『災害時、わたしはどこに避難すればいいの・・・!?』(ポチ)

 そこで、災害時、大切なペットを守る防災対策を学びます。
 災害時、ペットを守れるのは「飼い主」だけです。まずは飼い主が無事でいること、避難する場合にはペットと一緒に避難すること(同行避難)が基本です。
 ともに安全に避難でき、周りの人へ迷惑をかけず、安心して過ごすため、日ごろの備えが必要です。
 ペットを守る防災のノウハウをご披露します。
 クイズラリーやしつけ方教室、セラピー犬とのふれあいもあります。
 市危機管理室、環境推進課も「啓発&プレゼントブース」を出します。

さくらの春も近づいてきました。
青空のもと、お子さまを連れて、ひろーい熊谷スポーツ文化公園で、遊ぶこと。
こんな普通のことが、お子さまの「大切な思い出」になるのかもしれません。

とき  平成31年3月9日(土曜日)12時から15時まで

ところ  熊谷スポーツ文化公園 子供の広場前(北側)

家族みんなの防災教室実行委員会(電話 048-577-3579)

防災教室のチラシ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問合せは

危機管理課
電話:048-524-1111(代表)内線333 ファクス:048-525-9051

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る