このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

農業者の皆様へ≪新型コロナウイルス感染症対策に関する情報≫

更新日:2020年8月8日

新型コロナウイルスに係る営農相談窓口について

 新型コロナウイルスの感染拡大により、農業経営にも様々な影響が出ており、今後さらに影響が拡大し長期化することが懸念されています。
 このため、「JAグループさいたま」と「埼玉県」では、連携して、農業経営や「高収益作物次期作支援交付金」や「農業者緊急支援事業」等の各種支援制度の相談に対応します。
 熊谷市では、「JAくまがや」と「埼玉県大里農林振興センター」に営農相談窓口を設置しています。詳細については、下記をご確認ください。
 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。農業者の皆様のための新型コロナウイルスに係る営農相談窓口(チラシ)(PDF:435KB)

外食需要の減少により市場価格が低落する等の影響を受けた野菜・花き・果樹・茶などの高収益作物について、次期作に前向きに取り組む生産者を支援します。

熊谷市では、「JAくまがや」が事業実施主体として申請の窓口となっております。
申請締切日は8月17日(月曜日)となりますので、8月7日(金曜日)までの申請書受領会にお越しできなかった方は、11日(火曜日)、12日(水曜日)、13日(木曜日)、14日(金曜日)、17日(月曜日)のいずれかで申請をしていただきますようお願いします。

新型コロナウイルス感染症の影響を克服するために、感染拡大防止対策を行いつつ、販路回復・開拓や事業継続・転換のための機械・設備の導入や人手不足解消の取組を総合的に支援します。
7月15日(水)で一次募集を締め切りましたが、二次募集を9月中旬に受付開始予定です。

 新型コロナウイルス感染症に伴う支援策を、他省庁の支援策も含めて取りまとめています。

 雇用調整助成金は、経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、雇用の維持を図るための休業手当に要した費用を助成する制度です。
 景気の変動、産業構造の変化その他の経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、一時的な雇用調整(休業、教育訓練または出向)を実施することによって、従業員の雇用を維持した場合に助成されます。

 新型コロナウイルス感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え再起の糧となる、事業全般に広く使える給付金を支給します。
 農業、漁業、製造業、飲食業、小売業、作家・俳優業など幅広い業種で、事業収入(売上)を得ている法人・個人の方が対象となります。

 政府は、新型コロナウイルス感染拡大により大きな影響を受ける事業者に対して、事業継続の下支えをするために、「持続化給付金制度」を創設しました。
 持続化給付金は、業種横断的に、個人・法人を問わず、農林漁業者も広く対象となる制度です(大企業は対象外です。)

【相談窓口連絡先】
 日本政策金融公庫 さいたま支店 融資課
 電話:048-645-5421
 受付:平日9時から18時

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問合せは

農業振興課(妻沼庁舎)
電話:048-588-9990(直通) ファクス:048-588-1326

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る