このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

児童虐待防止についてのお知らせ

更新日:2010年12月14日

虐待による死亡事件が発生しています。このような悲しい事件を未然に防ぐため、地域のみなさんの暖かいまなざしと、行動で子どもを虐待から守りましょう。

<児童虐待ってなに?>

児童虐待とは、本来、子どもをあたたかく守り育てるべき親や親に代わる養育者が、子どもの心や体を傷つけ、健やかな成長や人格の形成に重大な影響を与える行為をいいます。虐待は、子どもに対する著しい人権侵害です。
親が「しつけ」と思っている行為でも、現実に子どもの心や体が傷つく行為であれば、それは「虐待」です。親の立場よりも、子どもの立場で判断することが大切です。

<虐待の種類は?>

虐待は、次の4種類に分類されます。
1 身体的虐待           
なぐる、ける、首をしめる、熱湯をかける、おぼれさせる、タバコの火を押しつける、身体を激しく揺さぶるなど。身体に傷や後遺症が残ったり、命そのものが奪われることがあります。          
2 性的虐待   
性交や性的な行為を強要する、ポルノの被写体にするなど。
3 心理的虐待
「産むんじゃなかった」、「死んでしまえ」などのひどい言葉で傷つける、わざと無視する、ほかのきょうだいと差別する……など。
4 ネグレクト(保護の怠慢・拒否)
食事を与えない、ひどく不潔なままにする、自動車や家に置き去りにする、病気やケガをしても病院に連れていかない、家に閉じこめるなど。
「一緒に暮らしている人が子どもを虐待しているのに、親が見て見ぬ振りをすること」も含まれます。


<虐待が疑われたら連絡を!>

「気になる親子」がいたり、「おかしいな」、「もしかして、虐待!」と感じるなど虐待が疑われる場合は、下記へご連絡ください。匿名でも結構です。ご連絡いただいた方のプライバシーは守られます。虐待防止は早期発見、早期対応が重要です。虐待の通告(連絡)は子どもを守り、ひいては親を救うことにもなります。
※市では、「熊谷市要保護児童対策地域協議会」を設置し、地域の関係機関と連携しながら、虐待等の要保護児童に対する支援を行っています。
【連絡先】
 熊谷市こども課児童相談係 048-524-1111(内線255) 
 子どもあんしんダイヤル(家庭児童相談室直通)048-527-2700
 熊谷児童相談所 048-521-4152
 休日夜間児童虐待通報ダイヤル 048-779-1154
 

このページについてのお問合せは

こども課
電話:048-524-1452(直通)

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る